トップ > 質問事例集その1 > 中国には印鑑証明がありますか?

中国には印鑑証明書がありますか?


【質問】
 この度「株式会社」をつくることになりました。出資者は、中国に在住している中国人です。定款の認証をするときに、印鑑証明書が必要だと言われました。中国にも印鑑証明書はあるのでしょうか?


【回答】
 宣誓書なるものを作成して頂きます。。

 中国には、印鑑登録という制度はありません。中国では、宣誓書を作成し、公証人のような方に認証して頂くことで、印鑑証明書のようなものとして使用することができます。

 ここでは、「株式会社」を作る際に注意すべき点を紹介します。
 日本で「株式会社」を作るときは、代表のうち1名は必ず日本に住所のある(日本で印鑑証明書を取得できる)方でなければいけません。つまり、中国に在住の方のみでは、法人の設立はできないことになります。

 また、中国に在住の方の中国版印鑑証明書(宣誓書)を法務局に提出する場合には、翻訳をつける必要があります。登記簿には、その翻訳に基づいて記載されることになります。

中国籍の方が法人経営をする場合には、ビザなども関係してきますので、さまざまな点で注意が必要です。


>> 質問事例集 その1へ戻る




【カテゴリーから選ぶ】



リンクス行政書士事務所 代表

建設業許可ならおまかせ下さい。

おすすめ情報

建設業許可に関するご相談無料受付中!お気軽にお声がけください。

お役立ちコンテンツ

役立つコンテンツを続々掲載しています。

建設業許可が欲しい!