トップ > 質問事例集その1 > 登記懈怠は問題ありますか?

登記懈怠は問題ありますか?

【質問】
 建設業許可を取得しようと考えております。経営業務の管理責任者の要件を満たすのに、取締役としての役員経験を使いたいと思っています。しかし、問題があります。弊社では、取締役の任期が2年なので2年ごとに重任の登記をしなければならなかったのですが、失念してしまい、謄本を見る限り、役員が不在であるかのような記載になっております。その間、役員経験として見ていただけるのでしょうか?(


【回答】
 単なる懈怠である場合には、裏付け資料をだすことで、取締役として経営に従事していたと認めて頂ける自治体もあります。※各自治体に確認しましょう。

 株式会社の取締役には、任期があります。(ちなみに現在の会社法では、最大10年と定めることができます。)この任期満了にともない、株主総会で、後任の取締役を選任するか、またはそのまま再度同じ取締役を選任するか(重任といいます)しなければなりません。
また、この事実を法務局で登記しなければなりません。このお手続をしなかった場合には、登記懈怠(とうきけたい)として、裁判所より罰金がくることになります。
 通常任期満了になった取締役は「退任」となります。そのまま後任を選ばないわけですから、謄本の記載は取締役不在であるかのように表示されてしまいます。しかし、会社法では、後任が選任されるまでは、前任者はその責任をおいます。

 どちらにしろ、登記懈怠により罰金などをうければ、不要な出費がでますので、十分に注意しましょう。



>> 質問事例集 その1へ戻る




【カテゴリーから選ぶ】



リンクス行政書士事務所 代表

建設業許可ならおまかせ下さい。

おすすめ情報

建設業許可に関するご相談無料受付中!お気軽にお声がけください。

お役立ちコンテンツ

役立つコンテンツを続々掲載しています。

建設業許可が欲しい!