トップ > 質問事例集その1 > 許可を取るには準備が必要? > 続き

許可を取るには準備が必要?続き


【質問】
 私は、現時点では建設業許可がとれず、あと5年は個人事業主として建設業を営む必要があると言われました。その間、しっかり準備をしておくようにとも言われました。建設業許可をとるための準備とは何をすればよいのでしょうか?


【回答】
    前回の確認 (建設業許可をとるには準備が必要?)

 その「準備」として保存しておくべき「その裏付けとなりうる書類」とはどんな書類なんでしょう?
↑ 前回の最後

個人事業主さんならば

(1)個人の確定申告書
(2)工事の施工が確認できる 注文書・請負書控え・請求書・通帳etc

とくに(2)には気をつけて下さい。
 ただ、とにかく残しておけばいいというものではありません。その資料からは、どのような工事内容が施工されたのか。いつ施工されたのか。誰から依頼されたのか明記されていないと資料として使用できません。以下のような部分が証拠能力を強くします。

注文書の例

1 工事件名などから施工した工事の内容がわかる。
○ マンション内装工事 一式
× 建設マンション工事  (現場名だけなど)

2 注文相手(元請け)の印鑑の押印がある。
ファックスなどで受注のやりとりされる方もいますが、証拠としては不十分。し  っかりと注文書を発行してもらいましょう。

3 人工だしではない。
現場でたびたびおこなわれる人工だしは、請負契約ではありませんので、残念ながらその会社の施工実績と扱われることはありません。

どうでしょうか。これらのポイントに注意して、資料を残して下さい。もしこれらに該当しない注文書で現在取引されている場合には、元請けさんにお願いして注文書の書き方、交わし方を改善してもらいましょう。

しっかり5年分の資料を保存しておき、許可申請に備えておきましょう。


>> 質問事例集 その1へ戻る




【カテゴリーから選ぶ】



リンクス行政書士事務所 代表

建設業許可ならおまかせ下さい。

おすすめ情報

建設業許可に関するご相談無料受付中!お気軽にお声がけください。

お役立ちコンテンツ

役立つコンテンツを続々掲載しています。

建設業許可が欲しい!