トップ > 質問事例集その1 > 許可を取るには準備が必要?

許可を取るには準備が必要?


【質問】
 私は、現時点では建設業許可がとれず、あと5年は個人事業主として建設業を営む必要があると言われました。その間、しっかり準備をしておくようにとも言われました。建設業許可をとるための準備とは何をすればよいのでしょうか?


【回答】
 主に書類(裏付け資料)関係について準備しましょう。

 「あと5年は個人事業主として建設業を営む必要がある」という言葉から、おそらくあなたが許可の取れない理由として「経営業務の管理者」の要件が満たせていないと考えられます。
そこで、あと5年間、ご自身で建設業について経営経験を積んで、要件を満たしてくださいとのことなのでしょう。
 さて、ご質問にある「準備」とはなんでしょう。
 それは、簡単に言えば「裏付けとなりうる書類をしっかり保存しておいて下さい。」という意図なのだと思います。

仮に5年後、経営経験を満たしたとしましょう。
 待ちに待った許可を取得しようと言う時に、「5年間、建設業を営んでいた」という裏付け証拠が残っていなければ、許可の取得があやういものとなってしまいます。

 建設業許可を取得するに際して、要件を具備することはもちろんですが、もう一つの大事な事項としましては、それを証明する「裏付けとなりうる書類(資料)」がしっかりと残存していることが重要なのです。ご相談いただくお客様でも、十分な経験があるのにも関わらず、許可が取得できないという場合にはこれが起因しています。

 では、その「準備」として保存しておくべき「その裏付けとなりうる書類」とはどんな書類なんでしょう?

この続き >>建設業許可をとるには準備が必要?続き


>> 質問事例集 その1へ戻る




【カテゴリーから選ぶ】



リンクス行政書士事務所 代表

建設業許可ならおまかせ下さい。

おすすめ情報

建設業許可に関するご相談無料受付中!お気軽にお声がけください。

お役立ちコンテンツ

役立つコンテンツを続々掲載しています。

建設業許可が欲しい!