トップ > 質問事例集その1 > 代表取締役の兼務はだめ?

代表取締役の兼務はだめ?

【質問】
 これから建設業許可を取得しようと考えています。要件の一つとして、経営業務の管理責任者の常勤というのがあるようなのですが、他の会社で代表取締役をやっているとまずいですか?



【回答】
 各都道府県によって取り扱いが異なりますので、自治体に確認しましょう。

 建設業許可の要件の一つに「専任技術者」と「経営業務の管理責任者」の常勤があります。
 他の会社で代表をやっているのだから、そっちが本業で、他の会社で常勤なのはおかしくないのか?という部分が争点になりそうです。
 実際のところ、各都道府県で取り扱いは異なりますので、私どもでも確認が必要な事項ですので十分注意しましょう。

(例)

東京都:
 他の法人で代表取締役をしていても、そちらが非常勤で、かつ申請しようとする法人で常勤が認められる場合は問題ない。

群馬県:
 他の法人で代表取締役をしている場合は常勤とは認めない。

神奈川県:
 他の法人で代表取締役をしていても、当該法人にて代表者が複数名いる場合で、申請しようとする法人で常勤が認められる場合、は問題ない。

 ちなみに、常勤性については、他の会社で常勤が求められている職種などについている場合にも当然問題となります。例えば宅建免許の「専任の取引主任者」建築士事務所「管理建築士」などです。これらに就任している方は、他の会社の「経営業務管理責任者」や「専任技術者」になることはできません。


>> 質問事例集 その1へ戻る




【カテゴリーから選ぶ】



リンクス行政書士事務所 代表

建設業許可ならおまかせ下さい。

おすすめ情報

建設業許可に関するご相談無料受付中!お気軽にお声がけください。

お役立ちコンテンツ

役立つコンテンツを続々掲載しています。

建設業許可が欲しい!