トップ > 入札・経審メニュー > 入札とは? > 入札までの流れ

入札参加までの流れ


 公共工事への入札に参加をするにあたっては、先んじて「入札参加資格」を取得する必要があります。ここでは、入札に参加するまでの流れについてご説明致します。
 まず、前提条件として、以下の条件を備えている必要があります。

【前提条件】
  
 ※ただし、自治体によっては、「建設業許可」を持たない事業者の方について、別枠で入札を認める制度を設けているところもあります。


【入札参加までの流れ】
 入札参加までのイメージとしましては、まず、御社の状況を数値化(分析・審査)してもらい、その結果通知をもって、参加したい自治体、官公庁へ個別に入札参加資格の取得の申請を行うというものになります。
 以下、個別にご説明致します。

  

(1)建設業許可 年次実績報告(決算変更届)の提出
 建設業許可業者は、その決算日より4カ月以内に前期の実績を報告する義務があります。これは、入札に参加するか否かを問わず、許可業者すべてにかせられる義務です。
 ↓
(2)経営状況分析
 経営状況分析機関により経営状況の分析をおこないます。経営状況分析結果通知は、次の経営事項審査申請に必要不可欠です。
 ↓
(3)経営事項審査
 主たる営業所の管轄の都道府県庁にて、現在の経営状況・経営規模、売上高、社会性などの観点から総合的な評価を行ってもらい、経営事項審査結果(総合点P)を算出します。
 ↓
(4)入札参加資格申請
 あなたが参加を希望する自治体へ入札参加資格申請をおこない、入札参加資格を取得します。自治体によりお手続き方法、入札システムが異なりますので、各自治体に確認することが必要となります。
 ↓
(5)入札参加
 入札参加資格申請が無事完了すれば、入札参加資格業者名簿にあなたの名称が記載されることになります。これで、入札に参加することが可能となります。
 入札の参加方法には、指名競争入札、一般競争入札、随意契約などがあります。また、電子入札を実施している自治体では、あらかじめ電子証明書の購入・登録が必要な場合があります。


 経営状況分析とは?


トップページ 入札・経審 料金案内 お問い合わせ




リンクス行政書士事務所 代表

建設業許可ならおまかせ下さい。

おすすめ情報

建設業許可に関するご相談無料受付中!お気軽にお声がけください。

お役立ちコンテンツ

役立つコンテンツを続々掲載しています。

建設業許可が欲しい!