トップ > 入札・経審メニュー > 入札とは? > 入札までの流れ > 経営状況分析とは? > 経営事項審査とは?

経営事項審査とは?


【入札参加までの流れ】

(1)建設業許可 年次実績報告(決算変更届)の提出
 ↓
(2)経営状況分析
 ↓
(3)経営事項審査
 ↓
(4)入札参加資格申請
 ↓
(5)入札参加


 経営事項審査(経営規模等評価申請・総合評定値申請)とは、公共工事の入札に参加しようとする業者が必ず受審しなければならない審査です。
 この審査は、建設業者の「経営規模の認定」「技術力の評価」「社会性の確認」「経営状況の分析」があります。経営事項審査を受ける業種は、建設業法の許可が必要です。

【提出先】
主たる営業所の所在地を管轄する都道府県庁

【必要書類】 (東京都の場合※書類はあなたの状況により異なります)

・申請書(工事種別完成工事高・その他審査項目・技術職員名簿)
・経営状況分析結果通知書
・工事経歴書
・建設業許可通知書
・建設業許可申請書及び変更届
・確定申告書 2期分
・技術職員常勤性確認資料
・技術者の資格検定合格証等
・雇用保険
・健康保険・厚生年金加入確認資料
・建退共 加入証明
・退職金一時金制度 導入証明書類
・法定外労災加入証明書類
・防災協定 加入証明書類 
                       等

【標準処理期間】
経営事項審査は、申請してから約1ヶ月で結果通知が届きます。
 経営事項審査の結果通知の有効期限は審査基準日(決算日)より1年7ヶ月です。入札参加資格を維持するためには、毎年経営事項審査を受審しなければなりません。

 経営事項審査の受審方法については、各都道府県で異なりますので、「次ページ 都道府県 入札資格手続きガイド」から確認して下さい。


 都道府県 入札参加資格手続ガイド

トップページ 入札・経審 料金案内 お問い合わせ




リンクス行政書士事務所 代表

建設業許可ならおまかせ下さい。

おすすめ情報

建設業許可に関するご相談無料受付中!お気軽にお声がけください。

お役立ちコンテンツ

役立つコンテンツを続々掲載しています。

建設業許可が欲しい!