トップ > 建設業許可メニュー > 建設業許可とは?

建設業許可とは?

 

建設業許可とは、以下に該当する工事を請け負うとする建設工事業者の方が、あらかじめ取得しておかなければならない建設業法上の営業の許可のことです。

  

建設業許可のメリット


       

建設業許可の種類

 建設業許可には、大まかに「大臣許可」と「知事許可」の2種類に分けられます。さらに、それぞれ「一般」と「特定」に分けられ、施工する工事業種によって28業種に分類されます。どの種類の許可の取得が適正であるのか、判断することが重要です。

  

【大臣許可と知事許可の判断】
 ・営業所を一つの都道府県内に設けて営業する場合         → 知事許可
 ・営業所を二つ以上の都道府県にまたがって複数設けて営業する場合 → 大臣許可

【一般と特定の判断】
 ・元請けとして工事を受注した時
  下請業者に3000万円未満(建築一式では4500万円)工事をだす。→ 一般
  下請業者に3000万円以上(建築一式では4500万円)工事をだす。→ 特定

【28業種の判断】
 ・どの業種を取得すべきかは、実際の施工内容から判断する。


 建設業許可の要件



適正な業種の判断については、どなたも迷いがちです。許可を取得してから、取得した業種が間違っていた!では、泣くに泣けません。私どもは、お客様より、実際のお仕事内容をお聞きしたうえで、お客さまにとって最適な許可の取得をご提案致します。

トップページ 建設業許可 料金案内 お問い合わせ




 

リンクス行政書士事務所 代表

建設業許可ならおまかせ下さい。

おすすめ情報

建設業許可に関するご相談無料受付中!お気軽にお声がけください。

お役立ちコンテンツ

役立つコンテンツを続々掲載しています。

建設業許可が欲しい!