トップ > 独立開業メニュー > 会社のつくりかた

一番ポピュラーな「株式会社」の設立について説明します。

株式会社が最も選ばれる理由
 「株式会社」の最大の特徴はその名前にあります。会社=株式会社という認識は世間でかなり浸透しています。営業・人材募集の観点から「株式会社」を選択されるケースは多くあります。また、経営(取締役)と出資(株主)は異なりますので、出資だけしてもらうことも可能です。

(1) 会社の種類の選択
「株式会社」「合同会社」など

(2) 会社の基本事項の決定(設立総会)
発起人(最初の株主)が株式会社をどのような内容で設立するか決定します。
会社の名称、所在地、目的、資本金、役員など

(3) 定款の作成
発起人で決定した事項を会社の基本的な決まりごと:定款(ていかん)にします。

(4) 定款の認証
作成した定款に発起人が押印をし、公証役場に持参します。ここで、公証を受けます。

(5) 印鑑の作成
会社を設立するには、会社の実印となる印鑑を作成する必要があります。作成に時間がかかる場合は、会社の名称が決定し次第、注文しておくとスムーズにお手続きが進みます。

(6)資本金の預け入れ
発起人は発起人のうちだれか一人に対して、出資することが決まった出資金の額に応じて払い込みを行います。一時的に会社の資本金を発起人のうち1名があずかることとなります。

(7)法務局にて登記申請
必要書類を作成し、会社の所在地を管轄する法務局に申請します。
約1週間ほどで登記処理が完了し、謄本が取得できます。

(8)印鑑カード交付
登記処理の完了後、管轄の法務局にて印鑑カードの交付をうけます。これにより、印鑑証明書の発行が可能となります。

(9)その他手続き
税務署への届出等その他の手続きを行います。


 会社の設立については、お手続き事項が多くあります。また、電子定款認証という方法を行えば、4万円の経費を削減することができます。また、税制面、許認可関連などを考えながら設立内容を決定することにより、後に変更しなくて済むなどのメリットもありますので、行政書士に依頼するケースは多々あります。ちなみに、登記内容を変更するには登録免許税の納付が必要となりますので、設立は慎重に行うことをお勧めします。


 会社設立に必要な書類

トップページ 独立開業 料金案内 お問い合わせ





リンクス行政書士事務所 代表

建設業許可ならおまかせ下さい。

おすすめ情報

建設業許可に関するご相談無料受付中!お気軽にお声がけください。

お役立ちコンテンツ

役立つコンテンツを続々掲載しています。

建設業許可が欲しい!